家賃の一ヶ月分が相場の礼金

"最近人気の賃貸物件が多機能型であり、タワーマンションのような設備と管理がされている賃貸もあります。
都心部では少々割高の家賃となってしまいますが、探せば理想の範囲内で素晴らしい物件と出会えるかもしれませんね。入居者から2ヶ月分の礼金をもらったとしたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うのが一般的となっています。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。

 

礼金の一部は大家さんが不動産屋に支払う言わば紹介料に充てています。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。
礼金とは、戦後の焼け野原で居住するところの無い人達が「大家さん、貸してくれてありがとう」という、お礼の意味で始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。"





別れさせ屋おすすめ
URL:http://renai-kobo.com/
別れさせ屋


家賃の一ヶ月分が相場の礼金ブログ:20200605

少子化の社会で、
一体何が一番深刻な問題なのかというと、
母が育児をしていても
幸せを感じられなくなってしまうということだと思う。

最初の赤ちゃんを産み育てる時は、
どうやったとしても母は新米ゆえに、
いたる所で失敗をしまくる…

しかも赤ちゃんは24時泣きをしまくるし、
自分は睡眠不足になってしまうので、
「わしはなんて不幸なんだ」と思うようになる。

しかしお子さんを3人以上も産めば、
赤ちゃんが24時泣きをするのは、当たり前ということが解るものだし、
もしも24時泣きをしなければ、死んでいるということなのである。

お子さんを3人以上育てたことで
母には「育児力」がしっかりとつくので、
育児を思いっきり楽しめるようになるのだ。

そういう母の精神状態が
お子さんの脳に良い影響を与えない筈がない。 

母が母として一人前になるからこそ、
お子さんたちは健全に成長して行くことができる。

母が一人前でなければ、
過保護や過干渉を繰り返してしまうのは当たり前のこと。

お子さんの数が少なければ、
母だって子供との距離を掴めないので、
お子さんとの距離を適正に保つためにも、
母が3人以上の赤ちゃんを産むしかないのである。

お子さんが1人しかいなければ、
経済的負担は少ないから、裕福になれると思ってしまいがちだが…

もしもお子さんが死んでしまったら、それこそ子孫が絶えてしまうし、
もしもお子さんがグレてしまったら
自分たちが望むような未来を実現させるのは難しいだろう。

お子さんの数が多くいれば、
お子さんが1人死んだとしてもスペアはあるものだし、
デキの悪い子がいても
それ以外のデキのいい子に期待すればいいのだ。